オリンピック山脈

ポールスボーの仮屋に移ってからの一番の幸せは、毎日オリンピック山脈を眺めることができるようになったこと。
神々しい山々。この写真ではあまり伝わらないと思うけれど、実際は大迫力。毎日大自然の絶景を見ることができると、自分が「自然の中にの一部」にすぎないことを思い出すことができる。

いつまで仮屋にいることになるかは不明だが、この場所をさる日まで、オリンピック山脈を眺めることが、朝晩のメディテーションになりそう。

Go Tiny!

大切なものが、すべて「半径5メートル以内」にあると気づくと、人生はもっと素敵になる

0コメント

  • 1000 / 1000