小休止

次女が少し熱を出し、学校を休んだ。そう言えば猛暑日があまりない、この島に住んでから「夏バテ」と言うものをしていないが、小さな次女にとっては、楽しくはしゃいだ夏だったので、ちょっと疲れが出て来たのかもしれない。お休みモードの次女と一緒に、わたしも今日はちょっと体を休める事にした。
外のウインドベルに耳を傾け、あえて何もしない1日。ただそこに存在する自分でいることの贅沢。

Go Tiny!

大切なものが、すべて「半径5メートル以内」にあると気づくと、人生はもっと素敵になる

0コメント

  • 1000 / 1000