夜のドライブ

今日は、仕事の打ち上げがあったために、久々に夜が深まるまで、シアトルで過ごした。埠頭でフェリーを待っている最中、月がかなり細いことに気づいた。

波止場に近いダウンタウンを抜けると、全く街灯がなくなる島の夜のドライブは、最初はとても怖かった。でも慣れてくると、夜に車を走らせることが、特別なものに変わった。

夜の静けさ、月明かりや星明かり。電気がなくても道が明るいこと。暗闇の中を動き出す動物たち。

今日は星がかなり綺麗だった。途中、鹿とタヌキの親子に遭遇もした。

自然の中に溶け込む夜は、とても素敵だ。一種のメディテーション。

Go Tiny!

大切なものが、すべて「半径5メートル以内」にあると気づくと、人生はもっと素敵になる

0コメント

  • 1000 / 1000